花粉症・鼻炎 情報局
花粉症に悩まされている方、毎日鼻水と戦っているあなた!! 今日からは花粉症に悩まされることはありません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉の飛ぶ時期は?
花粉症・鼻炎の犯人の代表格とも言える「スギ」

スギの開花は春ですが、地域によってまちまちです。九州では2月上旬、東北は4月上旬、その他の地域では、2月下句から花が咲きます。

ちなみに北海道や沖縄にはスギがほとんどありません。
どうしても花粉症に耐えられなくなったら引越しも手の一つです(笑)
 
花が開くと雄花から、花粉を一斉に飛ばします。スギの花粉が、空中を飛散する期間は、およそ2ヶ月にも及びます。
 

スギの花芽は、夏に作られるのですが、その年の夏が暑いと雄花の芽が、多くつきます。翌年の春には、花粉が大量に放出されるのです。
ですから夏季が暑かった翌年は、スギ花粉症の人は、気をつけなくてはなりません。
最近は暖冬続きで、開花も盛んになり、沢山の花粉が、いっせいに飛び出すことになります。
 
また空気が乾燥して、風が強い日には、花粉は風に乗って遠くまで飛びます。スギが近くにないからといって油断はできません。
東京都内でも花粉症があるのもこの飛んできた花粉が原因のひとつです。

スポンサーサイト
花粉症のお薬 (ステロイド剤)
ステロイド剤

点鼻薬、点眼薬(内服や注射もある) 鼻づまりなど、炎症をおさえる。ひどい症状のときに劇的に効くが、長期間使うと副作用が出やすい。

医師の指導を受け必要なときに使用するのがよい。


花粉症のお薬 (抗ヒスタミン薬)
抗ヒスタミン薬

鼻炎薬(内服薬)や点鼻薬、点眼薬など、くしゃみ、鼻水、かゆみなどの症状をおさえるのに速効性がある。

ただし重度の症状には効果が低い。副作用などがある

生活に支障が出たときに「お助け係」として使用するのが一般的。

花粉症のお薬 (抗アレルギー薬)
抗アレルギー薬

主に内服薬の他、点鼻薬、点眼薬があり、 花粉症の症状全般に対応します。 

比較的副作用が少なく安全性が高いが、効果が現れるまで約2週間かかる。

飲み始めは、花粉が飛び始める前から、 期間中は服用が必要です。



花粉症かな?と思ったら
花粉症とかぜの見分け方は?

かぜの場合は、数日すると、ねっとりした鼻汁になりますが、花粉症は、さらさらした水のようなままです。発病期間も、かぜは通常、1週間程度で治りますが、花粉症は、原因となる花粉が飛んでいる間、ずっと続きます。

ほかにも、目のかゆみがあれば花粉症の可能性があります。

実際に熱が出ていればかぜの疑いが強いという見分け方もできますが、花粉症でも、微熱が出たり、熱っぽかったりしますので、花粉症かなと思ったら、専門医に診断してもらいましょう。

まずはお医者さんに行ってみる。これが早期改善につながります。
花粉症のレーザー治療??
薬を飲むのもめんどくさい、薬はどうも眠くなる、薬を飲めない状態(妊婦)だ!そんな方にお勧めです。

薬による予防・鎮静、減感作療法による長期の治療に対し、最近注目されているのが、外科的方法の鼻のレーザー手術だ。

◇治療の目標は?◇

レーザー光線で、アレルギー反応の起きる鼻の内側の粘膜をやんわりと焼くことで、花粉が入ってきても、粘膜の過剰な反応を抑えることができると言う画期的なもの。

鼻水、鼻づまりなどの症状を簡単に止められる。
しかし、そもそも花粉症は、アレルギー体質が基礎になって起こる、免疫系の全身病の一種。手術は、局所(鼻の粘膜)だけなので、病気そのものが完全に治すためのものではないことを覚えておいてほしい。 あくまで鼻だけだ。

◇メリットは?◇
日帰りできる外来手術で、出血や痛みなど患者の負担になるものが少ない。麻酔は局所麻酔。鼻の中に麻酔のガーゼを入れるときに少し痛いくらいで、手術中は痛みも出血もほとんどないらしい。

病院によっても異なるが、2~8回のレーザー照射で、手術時間も1回につき5~20分間と短時間。これで、上手くいけば減感作療法よりも効果的に、鼻水・鼻づまりなどが解消!また、子供にも手術できるところが良い。

◇治療費は?◇
これは、病院によっても多少違いはあるが、1996年4月から、この治療法は健康保険が適応になったため、両鼻で1万円程度が目安かな。

◇効果は?◇
鼻炎の具合や、レーザーを照射する回数にもよりますが、約70~80%の効果が出ている。
しかし1~2年経つと、もとの粘膜に再生し、効果が薄れてくることがある。その場合、再照射をすればほとんど大丈夫だそうだ。

◇デメリット??◇

手術後約1週間は、粘膜を焼いたことに対する生体反応のため、粘膜が膨れ、かえって鼻閉が強くなり、鼻づまりが起きる。しかしその後には、アレルギー反応の起きにくい粘膜が再生され、解消する。
花粉症の場合、症状が出る前に手術した方が効果が高いため、早めの通院・予約が必要。春、花粉の飛散が始まり、発症してからでは、手術が受けられないこともある。


花粉症になるとどんな症状が出るの?
花粉症の代表的な症状

●鼻の三大症状(くしゃみ・鼻みず・鼻づまり)だけでなく、目の症状(かゆみ、なみだ、充血など)を伴う場合が多く、その他にノドのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状があげられます。

●最近では、通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む方や、複数の花粉に反応する人も増えており、ほぼ一年中くしゃみ・鼻みず・鼻づまりに悩まされるという人も最近では多くなってきています。

●さらに、シラカバ、ハンノキ、イネ科花粉症などの症状がある人がある特定の果物や野菜を食べると、口の中がかゆくなったり、はれたりする「口腔アレルギー症候群」という症状もあります。
花粉症・鼻炎 (薬の処方について)
花粉症・鼻炎薬の処方の注意点

内服薬には、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの原因となるヒスタミンをおさえる成分が入っています。鼻、目、のどなどそれぞれに働いて、花粉症のつらい症状をやわらげる作用があります。

効果のある時間も短いものから効きめが長く持続するように工夫された薬もありますが、強い薬ほど眠くなってしまうものもありますので、車などの運転をする前などは飲めません。その他、処方の際には医師の指導の下十分に注意しましょう。


花粉症対策 
外出するときの絶対条件、それは花粉を吸い込まない事!

1、風の強い晴れた日は、極力外出を控えめに!
とくに、昼前から午後3時頃までが花粉の飛ぶピークになります。この時間帯だけは自殺行為!やむおえない場合以外は、なるべく室内にいる事をお勧めします。

2、メガネやゴーグル、マスク、スカーフ、帽子(つばのあるもの)を着用するとより効果的!

3、服は、花粉がつきにくい、スベスベした素材や静電気のおきにくいのものを選ぶ事で花粉の付着を防ぎます!

4、髪の毛をコンパクトにまとめ、花粉が髪につかないように帽子の中にしまいましょう。

5、車の通風口に注意
花粉の侵入を防ぐために、通風口は閉じるようにしましょう。最近では、花粉対策用のフィルターが装備されている車も多いようですがまだまだ注意が必要です。

6、 家に入る前は玄関先で、衣服や髪、持ち物についた花粉をはらう。コートや一番外に着る上着は部屋に持ち込まない。

7、帰ったら、手・顔・目・鼻を洗い、うがいをする
目は、流水の中でパチパチまばたきをして洗うと効果的です。



スギ花粉が増えています!
花粉症・鼻炎の原因のスギ花粉はなぜ増えているのか?

バブルのちょっと前、昭和30年代、森林伐採と並び、盛んに植林されたスギが樹齢30年を超え、花粉を多くつけるようになったことに加え、当時建築資材としての価値があった杉も、最近では安価な輸入資材などの普及により、杉の価値が下がり、手入れもされないまま放置されていることが、花粉の飛ぶ量が増えていることと関係していると言われています。



花粉症の原理を知ろう!!
花粉症・鼻炎がアレルギー反応のひとつであることは皆さんもご存知だですね。

人の体には体外から侵入してくる、ばい菌やウイルスに対して、その物質を排除するはたらきがあります。
この外部から侵入してきた物質(抗原といいます)に対して、対抗する物質(抗体)を作って体を守ろうとすします、抗体が一定量になったとき、同じ抗原が進入してくると、その抗原が抗体と結びつき、それまでと違った反応を示すようになるのですが、この反応が体にとって都合よくはたらく場合を「免疫」といい、人間が病気から体を守るために活躍するわけです。

皆さんも知っている事で例を挙げるならば、はしかやおたふく風邪に2度かからないのも、この免疫のはたらきによるものと言えるでしょう。
しかし、免疫は時と場合によっては人体に不快な症状を招き、さまざまな病気の原因ともなることがある。これが「アレルギー」で、アレルギー性鼻炎や花粉症は典型的なI型アレルギーにあたる。
(アレルギーはI・II・III・IV型の4つに分類されると覚えといてください)

しかし、花粉症の場合、花粉という抗原に対し、体は「IgE抗体」と呼ばれる抗体を作って反応する。しかしIgE抗体はすべての人に同じように作られるわけではなく、作られやすい体質が生まれつき決まっているんです。

この体質をアレルギー体質といい、IgE抗体は花粉症の他にもアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などと深く関わっていると言われています。

IgE抗体は、原因となる花粉との接触を何度か繰り返すうちに体内に蓄積されていきます。そう・・・・コップに水を注いで行くように・・・
この蓄積(水としましょう)が一定の水準に達したとき、つまりコップの水が溢れ出したときが、発病する条件が整った状態になるわけです。
この状態で再度花粉に接触すると抗原(花粉)とIgE抗体が結びついて花粉症の症状が現れるのだ。

IgE抗体が蓄積されつつある人(まだ花粉症が発祥してない)方も、一定の水準に達していなければ症状は出ない。いわば花粉症予備軍で、このまま花粉との接触を続けていれば、いつかは発病してしまうわけだ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。