花粉症・鼻炎 情報局
花粉症に悩まされている方、毎日鼻水と戦っているあなた!! 今日からは花粉症に悩まされることはありません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症のお薬 (ステロイド剤)
ステロイド剤

点鼻薬、点眼薬(内服や注射もある) 鼻づまりなど、炎症をおさえる。ひどい症状のときに劇的に効くが、長期間使うと副作用が出やすい。

医師の指導を受け必要なときに使用するのがよい。


スポンサーサイト
花粉症のお薬 (抗ヒスタミン薬)
抗ヒスタミン薬

鼻炎薬(内服薬)や点鼻薬、点眼薬など、くしゃみ、鼻水、かゆみなどの症状をおさえるのに速効性がある。

ただし重度の症状には効果が低い。副作用などがある

生活に支障が出たときに「お助け係」として使用するのが一般的。

花粉症のお薬 (抗アレルギー薬)
抗アレルギー薬

主に内服薬の他、点鼻薬、点眼薬があり、 花粉症の症状全般に対応します。 

比較的副作用が少なく安全性が高いが、効果が現れるまで約2週間かかる。

飲み始めは、花粉が飛び始める前から、 期間中は服用が必要です。



花粉症・鼻炎 (薬の処方について)
花粉症・鼻炎薬の処方の注意点

内服薬には、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの原因となるヒスタミンをおさえる成分が入っています。鼻、目、のどなどそれぞれに働いて、花粉症のつらい症状をやわらげる作用があります。

効果のある時間も短いものから効きめが長く持続するように工夫された薬もありますが、強い薬ほど眠くなってしまうものもありますので、車などの運転をする前などは飲めません。その他、処方の際には医師の指導の下十分に注意しましょう。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。