花粉症・鼻炎 情報局
花粉症に悩まされている方、毎日鼻水と戦っているあなた!! 今日からは花粉症に悩まされることはありません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉の飛ぶ時期は?
花粉症・鼻炎の犯人の代表格とも言える「スギ」

スギの開花は春ですが、地域によってまちまちです。九州では2月上旬、東北は4月上旬、その他の地域では、2月下句から花が咲きます。

ちなみに北海道や沖縄にはスギがほとんどありません。
どうしても花粉症に耐えられなくなったら引越しも手の一つです(笑)
 
花が開くと雄花から、花粉を一斉に飛ばします。スギの花粉が、空中を飛散する期間は、およそ2ヶ月にも及びます。
 

スギの花芽は、夏に作られるのですが、その年の夏が暑いと雄花の芽が、多くつきます。翌年の春には、花粉が大量に放出されるのです。
ですから夏季が暑かった翌年は、スギ花粉症の人は、気をつけなくてはなりません。
最近は暖冬続きで、開花も盛んになり、沢山の花粉が、いっせいに飛び出すことになります。
 
また空気が乾燥して、風が強い日には、花粉は風に乗って遠くまで飛びます。スギが近くにないからといって油断はできません。
東京都内でも花粉症があるのもこの飛んできた花粉が原因のひとつです。

スポンサーサイト
スギ花粉が増えています!
花粉症・鼻炎の原因のスギ花粉はなぜ増えているのか?

バブルのちょっと前、昭和30年代、森林伐採と並び、盛んに植林されたスギが樹齢30年を超え、花粉を多くつけるようになったことに加え、当時建築資材としての価値があった杉も、最近では安価な輸入資材などの普及により、杉の価値が下がり、手入れもされないまま放置されていることが、花粉の飛ぶ量が増えていることと関係していると言われています。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。