花粉症・鼻炎 情報局
花粉症に悩まされている方、毎日鼻水と戦っているあなた!! 今日からは花粉症に悩まされることはありません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉の飛ぶ時期は?
花粉症・鼻炎の犯人の代表格とも言える「スギ」

スギの開花は春ですが、地域によってまちまちです。九州では2月上旬、東北は4月上旬、その他の地域では、2月下句から花が咲きます。

ちなみに北海道や沖縄にはスギがほとんどありません。
どうしても花粉症に耐えられなくなったら引越しも手の一つです(笑)
 
花が開くと雄花から、花粉を一斉に飛ばします。スギの花粉が、空中を飛散する期間は、およそ2ヶ月にも及びます。
 

スギの花芽は、夏に作られるのですが、その年の夏が暑いと雄花の芽が、多くつきます。翌年の春には、花粉が大量に放出されるのです。
ですから夏季が暑かった翌年は、スギ花粉症の人は、気をつけなくてはなりません。
最近は暖冬続きで、開花も盛んになり、沢山の花粉が、いっせいに飛び出すことになります。
 
また空気が乾燥して、風が強い日には、花粉は風に乗って遠くまで飛びます。スギが近くにないからといって油断はできません。
東京都内でも花粉症があるのもこの飛んできた花粉が原因のひとつです。

スポンサーサイト
花粉症のお薬 (ステロイド剤)
ステロイド剤

点鼻薬、点眼薬(内服や注射もある) 鼻づまりなど、炎症をおさえる。ひどい症状のときに劇的に効くが、長期間使うと副作用が出やすい。

医師の指導を受け必要なときに使用するのがよい。


花粉症のお薬 (抗ヒスタミン薬)
抗ヒスタミン薬

鼻炎薬(内服薬)や点鼻薬、点眼薬など、くしゃみ、鼻水、かゆみなどの症状をおさえるのに速効性がある。

ただし重度の症状には効果が低い。副作用などがある

生活に支障が出たときに「お助け係」として使用するのが一般的。

花粉症のお薬 (抗アレルギー薬)
抗アレルギー薬

主に内服薬の他、点鼻薬、点眼薬があり、 花粉症の症状全般に対応します。 

比較的副作用が少なく安全性が高いが、効果が現れるまで約2週間かかる。

飲み始めは、花粉が飛び始める前から、 期間中は服用が必要です。



花粉症かな?と思ったら
花粉症とかぜの見分け方は?

かぜの場合は、数日すると、ねっとりした鼻汁になりますが、花粉症は、さらさらした水のようなままです。発病期間も、かぜは通常、1週間程度で治りますが、花粉症は、原因となる花粉が飛んでいる間、ずっと続きます。

ほかにも、目のかゆみがあれば花粉症の可能性があります。

実際に熱が出ていればかぜの疑いが強いという見分け方もできますが、花粉症でも、微熱が出たり、熱っぽかったりしますので、花粉症かなと思ったら、専門医に診断してもらいましょう。

まずはお医者さんに行ってみる。これが早期改善につながります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。